とにー's Blog

とにー's Blog

適応障害での休職や、不妊治療を克服したサラリーマンのブログです。人生いろいろあるけど前を向いて歩こう。目指せイクメン!

Panasonicのプチ食洗を1年間使ってみた感想

以前、このブログで紹介したPanasonicのプチ食洗NP-TCM4-Wですが、1年使ってみてのレビューを書いてみたいと思います。 1年前に書いた記事はこちら↓ www.tonydayo.com ※プチ食洗NP-TCM4の洗浄コースには2種類あり、洗浄〜乾燥までのトータル時間は以下となり…

また逢える日まで

末期がんにより、在宅看取り中だった親戚の子が他界した。最後に会ってから10日後だった。 最後まで、自分のことより周囲を気遣える強くて優しい子だった。彼女が伝えてくれたこと—— 生きる意味、家族の絆、人はみな平等であること、そして、癌の怖さ たくさ…

ヤクルト塩見、サイクルヒット達成!

昨日のプロ野球巨人-ヤクルト戦で、ヤクルトの塩見選手が見事サイクルヒットを達成しました!セ・リーグでは38人目、プロ野球全体では71人目の快挙だそうです。 今期の塩見選手はここまで打率 HR 打点 盗塁と堂々たる成績を残しており、好調ヤクルトを引っ張…

ヘルパンギーナ 完治!

2週間前に小児科でヘルパンギーナと診断された息子ですが、熱はすぐに治まったものの便がゆるい状態がずっと続いていました。 さすがに長いねと妻と心配していましたが、ついに火曜日に普通便に戻りました! 発症から完治までの経過をまとめると、、 ・9/1(…

ヘルパンギーナ

1歳半の息子ですが、1週間前ぐらいからお腹の調子が悪く、1日に何度も下痢をしていました。 かかりつけの小児科に行ったところ、その時は胃腸炎と診断されました。 その後、一昨日の朝方から40℃の高熱が出て、なんと昼前に熱けいれんを起こしてしまいました…

がん闘病中の親戚に会ってきた

先日、がん闘病中の従妹の実家に行ってきた。闘病中と書いたが、彼女は「最も強い抗がん剤」を使用し、それでもなお腫瘍の勢いが衰えなかったので治療をストップしている。詳しいことはわからないが、恐らくこのまま家族が看取ることになるのだろう。 僕の顔…

「当たり前」のありがたさ

癌で闘病中の親戚は従兄弟なのだが、小さい頃から実の兄弟のように一緒に育ってきた。 本当にたくさん思い出がある。 社会人になってからはさすがに会う頻度が減ったが、僕が帰省した時は必ず実家に遊びに来ていた。 会うのが当たり前。 一緒に成長して、お…

現代の医学を持ってしても癌には勝てないのか…

以前このブログに書いた、若くして癌と診断された親戚の女の子ですが、なかなか難しい状況になってきました。 一時的に良くはなったのですが、悪性腫瘍拡大の進行スピードがあまりにも早すぎて医療が追いつけない状態です。 がん治療は本当に進歩しているの…

侍ジャパン、金メダル!!

東京2020オリンピック野球決勝戦で日本がアメリカを2-0で破り、悲願の金メダルを獲得しました! おめでとうございます! いやー、昨日リアルタイムで観ていましたが、まさか本当に優勝してしまうとは。。 個人的に思う本大会のMVPは、メキシコ戦で3ランHR、…

親に会えるのは、あと何日?

僕は20歳のときに、就職のために地元から遠く離れました。それから10年以上経ちましたが、当たり前ですが親に会う時間が本当に減りました。 上京してからは年間で1回か2回しか帰省していないので、親と会うのが1回につき多くて3日間と考えると、10年で約1ヵ…

東京オリンピック開幕!

もう一昨日の話になりますが、ついに東京オリンピック2020が開幕しましたね! 世界中を混乱に陥れ、なおも影響を残すコロナウイルスを始め、波乱万丈色々あった中で、最後まで本当に開催できるのか僕自身も懐疑的でしたが、いざ始まってみると感動しました。…

子供を保育園に通わせるメリット、デメリット

今年の4月から子供を保育園に通わせていますが、数ヵ月経ってみて「保育園に入れて良かったこと、良くなかったこと」について振り返ってみます。 【目次】 メリット 食事メニューが豪華 小さいうちから集団活動を学べる 1人の時間ができる デメリット (子供…

小山田圭吾さんが炎上している件について

東京五輪、パラリンピックで開会式の楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾さんが、過去のいじめ自慢を雑誌インタビューで話していた問題が炎上していますね。 該当の雑誌は「ロッキング・オン・ジャパン 1994年1月号」と「クイック・ジャパンvol.3…

最近の保育園あるある?

子供を預けている保育園ですが、どの園もそうなのか先生がネームプレートを付けておらず、未だに顔と名前が一致しない先生が結構います。 なので、妻と先生の話になったときに 「あの人は○○先生だよ」 「いや違うよ、○○先生だよ」 といった漫才のような会話…

喘息様気管支炎

もうすぐ1歳半になる子供が「喘息様気管支炎」と診断されました。喘息様気管支炎とは、喘息性気管支炎とも言うそうで、読んで字のごとく喘息の一歩手前という病状のようです。 喘息について調べると、原因は遺伝やアレルギー、ストレス等があるようですね。…

プライバシーポリシー お問い合わせ